屋根の耐久性を考慮して選ぼう!!気象条件にも注意しよう!!


屋根の耐久性を考慮して選ぶ

太陽光発電装置を新たに取り付けるとき、一般の家庭であれば屋根に取り付けるケースが多いでしょう。太陽光を受けるにはより太陽に近いところが良いと言えます。家の中で最も太陽に近いのが屋根になるためです。ではどんな太陽光パネルでもいいかですが、メーカーによって素材が異なり重量も異なります。発電効率の良さなどで安易に選んでしまうと、屋根の耐久性にあわないものを選んでしまう可能性が出てきます。すると住宅に不具合が生じる可能性が出てきます。まずは現在の住宅の屋根の状態であったり、建物全体の耐久性を調べましょう。そのうえで最も適した太陽光パネルを選ぶようにしましょう。耐久性が十分なら、発電効率で選んでも問題ないかもしれません。

自宅周辺の気象条件に合ったタイプ

太陽光発電のために必要になるのが太陽光パネルです。住宅の屋根に設置されているのを見て、我が家の屋根にも設置しようと考える人もいるでしょう。道路から各家庭の太陽光パネルを見るとあまり差がないように感じるでしょう。実際にはそれぞれのパネルの素材が異なり、性能も異なるときがあります。太陽光パネルを選ぶときのポイントとして、自宅周辺の気象条件に合っているかどうかがあります。パネルによってはあまり強すぎる太陽光だと傷みやすいものもあり、日差しが強い地域にそのパネルは避けた方がいいかもしれません。あまり太陽光が出にくいところなら少ない太陽光でも効率的に発電してくれる太陽光の方が良いでしょう。環境によってベストの太陽光パネルがあるはずです。

太陽光発電を名古屋で設置する件数が多いです。その要因は、名古屋市の人口は全国3位(2018年10月現在)と高く、逆に人口密度は47位と低く、マンションより戸建て比率と屋根の私有率が高いからです。