トイレつまりの原因とは!?解決しない場合は水道業者に依頼を


トイレがつまりやすい原因は

トイレは水回りの中で特につまりが発生しやすく、頻繁に流すという行為を繰り返すこと、うっかり水に溶けないものを流しがちなこと、などが原因です。トイレットペーパーは水に溶けるものですが、瞬時に溶けるわけではありません。大量に流してしまうと一時的につまることがあります。ティッシュペーパーに関してはほとんど水に溶けないので、水洗トイレには流さないようにしてください。ペーパー以外の不溶物を流してしまうケースでは、ボールペンや芳香剤のキャップ、携帯電話などがよくあります。ポケットにモノを入れる癖がある方は、便座に座ったときに落としやすいので注意してください。ズボンを完全におろしてから便座に座るなど工夫しましょう。

解決しないつまりは水道業者に

つまりが発生したときは冷静に原因を考えてみる必要があります。トイレットペーパーを流しすぎたと感じるなら、少し時間を置いてから流してみるとよいです。繊維がほぐれてきたら流してみて、つまる兆候があるようならもう少し待ってみましょう。トイレットペーパーによるつまりは時間を置けば解決するので深刻に考える必要はありません。注意したいのは水に溶けないものであり、これらは時間が解決してくれることは少ないです。運よく流れてくれればよいですが、途中で引っかかっている場合は注意が必要です。市販のラバーカップで解消できないトイレつまりは、水道業者に直してもらうのが得策でしょう。つまりの状態によっては便器の取り外し、排水管洗浄などが必要になることがあります。

トイレのつまりは何が原因で発生するかわかりませんから、自分勝手に直そうとせず、業者につまりを取ってもらうのが最善です。