サイトM&Aのメリットとデメリットについて


メリットとデメリットを精査する

サイトM&Aにはメリット・デメリットの両方があり、売るべきかor買うべきかはそれぞれのケース次第です。思い付きで行動に出てしまって後から後悔をする事がないように、まずは十分な時間をとってメリットとデメリットを精査してみてください。

売却する場合について

まずサイトを売りたい人にとってのわかりやすいメリットは、サイトの規模や価値・売却相手によっては想像を絶する大金を得られるという事です。個人運営してきたサイトが潤沢な広告宣伝費をもつ大企業に5億円以上で買い取られたような例も存在します。そして、もし大金を得られれば金銭面で老後の心配が要らなくなりますし、周囲のお金に困っている人を簡単に救う事が可能です。また、売却をきっかけに特定の業界の凄い人達との太いパイプを作れる可能性もあります。ただし、毎月安定した広告収入を稼げていたサイトを手放すという事は、安定収入を失う事になりますので、中途半端な額では売らないのがおすすめです。

買い取る場合について

続いてサイトM&Aで買い取りを行う場合、すでにサーチエンジンから高く評価されているサイトを買い取れば、新設するページも最初から高い順位を狙えます。競争の高い分野にて新たにドメインを取得してサイトを開設しても順位が上がってくるまで数年かかる場合もありますので、これは大きなメリットです。ただし、既存の人気コンテンツを更新に手間がかかるといった理由で削除してリニューアルしてしまった場合、買取代金の回収にかなりの時間を要する恐れがあります。そのため、大幅なリニューアルを要する場合は、自分達でサイトを新規開設するのも手です。

サイト売買仲介サービスは企業しか利用しかできないわけではありません。個人が企業にサイトを売る事ができるほか個人が企業サイトを買う事も可能です。