製図の修正や追加が簡単!関係者での情報共有も楽!


簡単に製図の修正が行える

建物の設計や製品の設計において、その元になる設計図が必要になります。建物であれば設計士などが大まかな概要を決定し、それを清書して実際の建築に使っていきます。手描きで清書をしようとするとどうしても間違いが発生してしまい、その都度消しゴムなどで消して描き直しをしなければいけません。全体の位置などが間違っていると、すべて消して描き直すなども必要になります。CADはコンピュータを使って製図が行える仕組みです。コンピュータの画面上で作成していくので、修正したい部分は簡単に消してその上から正しい図面を描けます。位置がずれているのであれば全体を選択してずらすだけです。手描きで行うのに比べて作業効率が良く、きれいに仕上げられます。

同一データの共有がしやすい

建物の製造などをするとき、一人ですべての作業をするなら設計図は一枚でいいでしょう。しかし実際には多くの人が関わって作ります。設計図が紙に描かれた状態でしかないとき、複数人で同じものを見たりコピーなどをするしかありませんでした。コピーのコピーをしたりすると内容が劣化しやすいので、劣化した設計図を見て作業をすると製造ミスが起きるかもしれません。CADで設計図を作成すると、このデータはデジタルデータになります。全く同じデータを複数人に渡せるので、関係者すべてが同じ情報を共有できます。印刷したければ印刷すればいいでしょうし、パソコンの画面上で見たければそれでもいいでしょう。縮小や拡大などをしながら自由に情報を使えます。

水道CAD」は、上下道工事に関わる配管図面や申請書類の作成を、コンピューターを用いて行うツールです。複雑な操作をしなくても、手書きよりも正確な図面を作成することができます。