膣のゆるみは誰にでもあり得る!どうやって気付くか


性行為中の異変は要チェック

膣のゆるみに気付きやすいシーンは、やはり性行為の最中です。ただ、男性は女性のプライドを傷付けない為に直接ゆるみを指摘する可能性は低いです。デリケートな話題なので自分から男性に問うのも恥ずかしく、やはり性行為中のあらゆる異変を察知して膣のゆるみを自覚するしかありません。例えば、男性の陰茎とのフィット感が薄れてきたと感じたらゆるんでいる可能性があります。膣が締まっていれば、フィット感が弱まることはないからです。性行為の快楽が薄れたり、頻繁に男性が性行為を中断してしまう場合は膣のゆるみを疑います。

尿漏れの瞬間が多くなった

排尿する部分と膣は役割こそ違うもののすぐ近くにあります。尿漏れの原因の一つとして筋力の低下が挙げられるので、同様に膣のゆるみを招いている可能性が高いです。筋力の低下は加齢による老化現象や運動不足によって招かれますが、特に運動不足による膣のゆるみは多くの女性を悩ませています。交通手段が発達して歩く機会が減っているので、若い女性の尿漏れも問題になっています。全く運動をしていないような生活を送っている場合は注意が必要です。

出産後は特に注意する

出産は女性にとって大きな喜びではありますが、膣のゆるみを招く原因でもあります。非常に大きな負荷がかかるので、出産前と膣の状態が変わってしまうのも無理はありません。もちろん、時間の経過と共にある程度元通りになりますが、完璧に戻るかどうかは定かではありません。出産後の性行為などで異変を察知するようになったら、ゆるみを疑ってみます。

膣圧は性交渉のためだけに必要なものではなく、骨盤底筋が緩むことで尿漏れなどの排泄機能にも関係してきます。加齢による骨盤底筋の衰えを防ぐために、膣や肛門括約筋の運動をしましょう。