短期間で免許取得する!どのように学習を進めるべき?


とにかく予定を埋める

短期間で免許を取得するには、とにかく予定を埋めて学科と自動車教習を進めるしかありません。極端に言えば、予約の埋まり具合にもよりますが一日中ずっと教習所で過ごして学び続けても良い訳です。学科にしても自動車教習にしても近道はないので、与えられた課題をクリアするしかありません。特に、自動車教習は少しずつ進めるのではなく一気に進めた方が身に付きやすいです。一日に何回も車を運転すると車幅感覚等も分かってきますし、逆に間が空くと感覚が鈍ってしまいます。

学科の復習は欠かせない

一日に何度も学科を受けたとしても、最終的に試験をパスできなければ免許を取得できません。つまり、与えられた情報をしっかりと復習しないと意味がないのです。一日に得る情報量が多ければ多いほど復習は大変になりますが、短期間で免許を取得しようとする場合は乗り越えるしかありません。忘れてはならないのは、学科で習う内容は試験のパスだけでなく車を運転する以上一生大切だということです。試験対策も重要ですが、教科書の内容は全て覚えないといけません。

基本動作を忘れないようにする

車の運転に慣れてくると、基本の動作がラフになってしまう方も多いです。タイヤの点検やミラーの点検など走行前の確認はもちろん、サイドミラーやバックミラーの確認など安全を確保する動作は欠かせません。これらを怠ると、当然教員から注意を受けますし安全な運転はできません。早く免許を取得したいという気持ちが焦りを生んではいけないので、一つ一つの基本動作を忘れないようにしたいものです。

合宿免許は、長期休暇を利用して地方の教習所で二週間から一か月程度の短い期間で集中的に教習を受けられるため、大学生や高校生に人気があります。